育毛剤使用直前にやっておく事

育毛剤使用直前にやっておく事

育毛剤を開封直前に頭髪のを左右前後と頭頂部で写真を撮っておくようにします。

 

生えた感覚というのは中々分かりづらいだけではなく、髪の毛の長さでも分からなくなってしまいます。

 

そのために証拠を取っておき、主観ではなく写真から比較して見るようにするのです。

 

この場合には同じ髪の長さにカットをして使用前後を見比べることで効果の確認が出来るようになります。

 

これは育毛剤を使ってから1か月ごとに撮ったりすることで経過観察が出来るようになるのです。

 

長く続けることで実際の効果を見ることが出来ますし、生えたという感覚よりも確実性を増すことが出来るので、効果の真実が判明します。

 

髪の毛は本数や濃さ、太さなどでも変わってくるので、それの違いというのも分かってくるためにどういった育毛になっているのかが出てきます。

 

それは一部だけではなく、全方向から撮っていることによって各部位の育毛状況も把握が出来るようになるのです。

 

一部でも成功しているのであれば、その時の頭皮状態の確認と他の部位も育毛できるように一緒にして育毛剤を掛けるようにすることが出来るようになります。

 

使用直前の頭髪は資料になるので、全方向の写真を撮っておくことで進行状況が一目で分かります。

総合的な育毛剤対策が必要

 

育毛剤で少しでもボリュームダウンしている髪を蘇らせたいという思いを持つことがありますが、その際にすることにおいて大切なのか、育毛剤にばかり頼り過ぎないということです。

 

育毛剤は確かに頭皮に刺激と栄養を与えて、発毛を促すものですが、ただそれを使用していればそれでいいというわけではありません。

 

総合的な対策が必要であり、その点での取組みが求められてきます。

 

例えば頭皮の洗い方はどうでしょうか。

 

シャンプーを使って髪をあわ立てることばかりを意識していて、頭皮を洗ってきれいにするということを忘れてはいないでしょうか。

 

あるいはアルコールの飲みすぎやたばこはどうでしょうか。

 

こうしたものも育毛にはよくないとされています。

 

その他にも偏った食事とか睡眠不足で夜更かしが多いなどの習慣があるとするとそれを改めないとなかなか育毛剤だけでは効果が出てこないかもしれません。

 

また頭皮マッサージも効果的といわれていますが、お風呂上りのリラックスした時間に自分や家族に頭皮マッサージをしてもらうことができるでしょう。

 

このようにして総合的な対策をすることで確かに育毛はできるのであり、育毛剤だけを使用していればそれでいいというわけではありません。